家庭教師と塾講師のアルバイトの違い

家庭教師と塾講師は、大学生に人気のアルバイトとして知られている。
しかし、両者は同じように物事を教える仕事ではあるものの、よくよく見ると違いも大きなものがある。
どちらにも一長一短があり、できれば自分の性格や技量に適した方でやりたいところだろう。
たとえば、両者の大きな違いの一つとして立地面の問題を挙げることができる。
塾講師の場合は、基本的に各地にある学習塾が職場となるであろう。
学習塾は各駅前や駅から程近いところに立地していることも多いため、要するに通勤がとても楽であったりする。
しかし一方で、家庭教師のアルバイトの場合、職場は各生徒の自宅である。
したがって、たとえば生徒宅が自分の家から遠いところにあったりすると、通勤するのが面倒という点を指摘することができるのだ。
しかしその分、塾講師に比べると、時間当たりの給料の単価が高く、授業時間も短くて済むというメリットがある。
また、掛け持ちができるかどうかも、たくさん稼ぎたい時には大きなポイントとなる。
塾講師は基本的に一つの学習塾に勤めるというのが通例だろう。
毎日決まった時間に授業をすることになり、決まった金額の給料が発生する。
一方で、家庭教師の場合、生徒を複数受け持つことができ、職場もさまざまである。
複数の生徒を持つと、その分たくさんの給料を稼ぐことができわけだから、塾講師として働くよりも、より高収入を狙うこともできるのだ。
教えるスキルが上がればより高い時給で働くことも可能だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です