数多く登録しておく事がコツ

家庭教師のアルバイトというのは、基本的に登録制であることが多い。
派遣会社や紹介会社に登録をしておき、職場を随時紹介してもらうというタイプの仕事だ。
したがって、そうした派遣会社などから仕事の紹介を受けなければ、基本的に働き口がないわけである。
中にはなかなか仕事を紹介してもらうことができず、登録したはいいがまったく稼ぎがないという人もいたりする。
結局はこの業界も需要と供給で成り立っており、生徒が出している先生の条件に当てはまらなければ仕事は来ない。
そのため、なかなか仕事にありつくことができない人が生まれてしまうのだ。
したがって、家庭教師のアルバイトを始める時は、まったく紹介されないということがないように、できる限りたくさんの派遣会社や紹介会社に登録しておく方が良いだろう。
生徒の要望というのは多岐に渡っているし、また地理的な条件などにも大きく左右されがちだ。
要望については合致しているが、地理的に通勤が無理だという距離であったりすると、候補から外されてしまうこともあるのだ。
また、時期によっても紹介してもらえるかどうかは違いがある。
新入生が多くなる4月や5月あたりは紹介してもらいやすいが、10月や11月の頃だと厳しかったりする。
それから女子生徒の場合はほとんどの確率で女性の先生が選ばれるので、性別による違いもある。
とにかく仕事を紹介してもらわなければ稼ぎにならないので、できるだけその機会を増やすために多くの派遣会社に登録しておくと良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です